組織変革の手がかり|CCM総合実践講座

組織変革の手がかり|CCM総合実践講座

5月21日 火

12:00

環境の変化が激しい昨今、以下のような状況から「組織変革」に取り組む企業が増えています。

・技術革新や競争環境の変化から、ビジネスモデルが陳腐化してしまった
・企業文化や風土が時代にそぐわないものになりつつある
・組織規模や新規事業の拡大に伴い、組織体制の再編を行う必要がある

他方で、組織変革には大きなリスクが伴います。大きな変化が従業員に不安を与え、結果的に優秀な人材が流出してしまったり、新たな戦略や体制が従来の文化に馴染まず、組織内に分断を生じさせてしまったり──組織崩壊の引き金になってしまったケースも数多存在します。

理想を現実に近づける組織変革を少しでも成功に導くためには、どのような観点に留意する必要があるのでしょうか。本講座「組織変革の手がかり」では、組織変革を経営層主導のトップダウン・アプローチと、現場主導のボトムアップ・アプローチの2種類にわけ、それぞれにおいて成否を分けるポイントとその対処法を解説します。

・組織変革の必要性を感じているが、組織崩壊は絶対に避けたい経営層・経営幹部
・今の組織を変えたいが、どこから手をつければよいかわからないミドル層や現場層のメンバー
・制度改革に着手したい人事・組織開発担当者
・事業の急激な拡大を見据える事業部門担当者

などの方には必見の内容をお届けします。ぜひご覧ください!

▼CCMの簡単な解説は下記の動画をご視聴ください

▼詳しく知りたい方はこちらのアーカイブ動画をご視聴ください

ヒトと組織に強い経営人材になるための『新時代の組織づくり』

「CCM総合実践講座」のバックナンバーはこちら

出演者

安斎勇樹(株式会社MIMIGURI 代表取締役Co-CEO)

1985年生まれ。東京都出身。東京大学工学部卒業、東京大学大学院学際情報学府博士課程修了。博士(学際情報学)。研究と実践を架橋させながら、人と組織の創造性を高めるファシリテーションの方法論について研究している。組織イノベーションの知を耕すウェブメディア「CULTIBASE」編集長を務める。主な著書に『パラドックス思考 ─ 矛盾に満ちた世界で最適な問題解決をはかる』『問いかけの作法 -チームの魅力と才能を引き出す技術』『問いのデザイン – 創造的対話のファシリテーション』『リサーチ・ドリブン・イノベーション-「問い」を起点にアイデアを探究する』『ワークショップデザイン論 -創ることで学ぶ』がある。

ミナベトモミ(株式会社MIMIGURI 代表取締役 Co-CEO)

早稲田大学第一文学部 ロシア語ロシア文化専修卒。広告ディレクター&デザイナー、家電メーカーPM&GUIデザイナーを経て、デザインファーム株式会社DONGURIを創業。その後に株式会社ミミクリデザインと経営統合し、株式会社MIMIGURI 代表取締役Co-CEOに就任。デザインキャリアを土台にしながら、組織/経営コンサルティング領域を専門とし、主にTech系メガ/ミドルベンチャーの構造設計・制度開発を手がける。特に人数規模500名超えのフェーズにおける、経営執行分離・マトリックス型の構造設計と、それらを駆動させるHR制度運用を用いた、経営アジリティを高める方法論が得意。

パッケージ

テーマごとにコンテンツを厳選してまとめました。

もっと見る