組織文化づくりのファシリテーション:“同質化”と”多様化”のジレンマをいかに乗り越えるか?

/

約92分

組織をつくる

#組織文化
#ファシリテーション
#多様性
#ナレッジマネジメント
渡邉 貴大
渡邉 貴大
田幡 祐斤
田幡 祐斤
唐澤 俊輔
唐澤 俊輔

組織文化づくりのファシリテーション:“同質化”と”多様化”のジレンマをいかに乗り越えるか?

2022.05.31/約92分

視聴数:406回

5/28(土)に開催された『組織文化づくりのファシリテーション:“同質化”と”多様化”のジレンマをいかに乗り越えるか?』のアーカイブ動画です。組織の成長フェーズや置かれた文脈に応じた、組織文化の作り方とは。また、強すぎる組織文化がもたらす、組織への過剰適応を防ぐには。実践知を織り交ぜながら探究しました。
田幡・渡邉の資料はこちら
チャットログはこちら

チャプター

00:11 イントロダクション・登壇者自己紹介
10:19 チェックイン・本日のテーマについて
18:43 話題提供:なぜカルチャーが重要なのか
26:54 話題提供:カルチャーモデルとは何か・カルチャーを作る5ステップ
36:28 組織文化はマネジメントできるのか?
45:07 組織文化づくりの企業事例:①定着・②変革・③定着/変革
59:35 知識創造&実践のプロセスとして組織文化を捉える
01:12:25 同質化と多様化のジレンマをいかに乗り越えるか
01:26:31 クロージング・今後のイベントについて

今週のポイント

・唐澤さんは、カルチャーが「期待値のギャップ」の解消に役立つと指摘する。カルチャーが共有されていると、自律的にメンバーが動き、素早く意思決定ができる。また、対外的に発信することでブランディングに繋がり、採用のミスマッチも防げる。
・カルチャーとは「ビジョン・ミッション・バリューを起点とした、日々の言動の積み重ねとして生まれる”空気のようなもの”」だと唐澤さんは表現する。その上で、事業に”ビジネスモデル”があるのと同様に”カルチャーモデル”を設計すべきだと提案している。

・田幡と渡邉は「組織文化は作れる」という前提にたちながら、その軌道には2つのタイプ:「定着」と「変革」 があると指摘。具体例として、3つのプロジェクトを紹介した。
①定着:急成長中のFoodTechスタートアップ
②変革:長い歴史を持つグローバルNPO
③定着/変革:創業100年長の食品メーカー
・組織文化を作る際には、その過程を組織の「知識創造と実践のプロセス」として捉え、組織の成長フェーズや文脈に応じた軌道を意図することが重要だとまとめた。
・最後に、組織文化が生む同質化と多様化のジレンマについて議論した。強力すぎる組織文化は、個性の抑圧や、メンバーの過剰適応をうむ。それに対し、田幡は「人を、組織や事業の道具として見る」のではなく、「組織や事業を人の発達の場として見る」という視点の転換が重要だと指摘する。

・組織文化や企業理念の固定化を急がず、時間軸に余裕を持つことで、個々の発達度合いや経験に合わせた解釈が生まれる。その過程を楽しめるかどうかが、同質化と多様化のジレンマを乗り越えた組織文化の醸成の鍵となる。

関連コンテンツ

動画

組織ファシリテーターとしての「HRBP」の役割

組織ファシリテーターとしての「HRBP」の役割

ナラティブ・アプローチ

ナラティブ・アプローチ

組織学習になぜアジャイルが必要なのか?|CULTIBASE Radio|Management #54

組織学習になぜアジャイルが必要なのか?|CULTIBASE Radio|Management #54

出演者

渡邉 貴大
渡邉 貴大

ファシリテーター

早稲田大学商学部卒業。規模/業態の異なる複数の組織において、人事やコンサルタントとして業務に従事。チェンジ・エージェントとして組織変革のファシリテーションを実践してきた。MIMIGURIでは個人と組織が自らの「story writer」となり、自分や自分たちの物語を紡ぐ機会を演出する組織・事業開発、イノベーションプロジェクトのPMとファシリテーションを担当している。

田幡 祐斤
田幡 祐斤

東京農工大学農学部卒業。奈良県立大学地域創造研究センター共同研究員。アパレル企業での販売/店舗マネジメント、研修会社でのコンサルティング/コンテンツ開発などの業務に従事後、2019年に前身であるミミクリデザインに参画。生態学、環境倫理学、文化人類学、教育学、心理学などを基に「人間にとっての自然さ(の回復)」を探究しながら、事業開発や組織開発のプロジェクトのファシリテーション及びその方法論の開発を行っている。元来、人間以外の生物が好き

唐澤 俊輔
唐澤 俊輔

Almoha LLC 共同創業者 兼 COO / デジタル庁 人事・組織開発

大学卒業後、2005年に日本マクドナルドに入社し、28歳にして史上最年少で部長に抜擢。経営再建中には社長室長やマーケティング部長として、全社の V字回復を果たす。2017年よりメルカリに身を移し、執行役員 VP of People&Culture 兼 社長室長として、人事・組織の責任者を務める。2019年からはSHOWROOMにて最高執行責任者(COO)として、事業と組織の成長を牽引。2020年にAlmoha LLCを共同創業し現職。COOとして組織開発やカルチャー醸成のコンサルティングおよび、組織開発のためのサービスやシステムの開発に取り組む。併せて、デジタル庁にて人事・組織開発を担当。グロービス経営大学院 客員准教授。『カルチャーモデル 最高の組織文化のつくり方』著者。