創造性のシステムモデル

全ての動画をご覧いただくには、
CULTIBASE Lab会員登録が必要です。

創造性のシステムモデル

2022.05.20/6

夏川 真里奈

夏川 真里奈

心理学者であるM・チクセントミハイが提唱した「創造性のシステムモデル」をベースに、創造性を構成する要素を解説します。
※本動画は2021年8月に公開されたコンテンツの再編集版です。

登壇者

夏川真里奈(株式会社MIMIGURI Art Educator)
幼少の頃より、特殊な創造性教育を受けて育つ。東京学芸大学教育学部初等教育教員養成課程美術選修卒。東京学芸大学大学院教育学研究科修了。研究領域は主体性・創造性教育。幼・小・中(美術)・高(美術・工芸)の教員免許を保有し、アートエデュケーターとして、芸術教育を通した創造力を育むワークショップの実践を多数行う。「創造性の土壌を耕す」ことを軸に、教育者、研究者、表現者を往還させたアートグラフィーな働き方を探究している。

チャプター

00:11 イントロダクション
01:18 小文字の創造性(creativity)と大文字の創造性(Creativity)
01:50 創造性のシステムモデルとは
02:25 具体例:モーツァルトとゴッホ
06:00 創造性とは

フルver.こちら
創造性を育むファシリテーション:他者を理解し、受け入れる土壌をつくる理論と技法
https://www.cultibase.jp/videos/7761

パッケージ

テーマごとにコンテンツを厳選してまとめました。

もっと見る