身体知から考えるファシリテーションのヒント

/

約12分

学術知の探究

#ファシリテーション論
#学習環境デザイン
臼井 隆志
臼井 隆志
竹田 哲也
竹田 哲也

今回は、ワークショップデザイナーの臼井さんをゲストにお迎えし、身体知に関する本を紹介しながら、身体知とファシリテーションの関係性についてお話ししていただきました。

00:42 ファシリテーションと身体知の関係
02:19 身体知に興味を持ったきっかけ①:ダンスの考え方から捉えるファシリテーターとしての姿勢
05:49 身体知に興味を持ったきっかけ②:身体性認知科学から捉える”学習”
09:33 他者の体をどのように読み、どのように接するか
10:55 五感が与える思考への刺激

■今回の選書
意外と知らない 赤ちゃんのきもち

老人ホームで生まれた<とつとつダンス>:ダンスのような、介護のような

触楽入門

■ウィリアム・フォーサイスのダンス
youtube.com/watch?v=wym1-b48NbY&feature=youtu.be

出演者

臼井 隆志
臼井 隆志

学生時代から現代美術家や劇作家らと協同し、幼児から中高生、大人までが関わるアートプロジェクトのプロデュース、ファシリテーションを担ってきた。MIMIGURIでは主にワークショップを通じた組織文化開発や人材育成の教材開発を担当している。

竹田 哲也
竹田 哲也

株式会社アトラエ