“リーダーシップ“を再定義する:対立する集団にどのように向き合うか?

/

約97分

スキルの探究

#リーダーシップ
安斎 勇樹
安斎 勇樹
舘野 泰一
舘野 泰一
松村 憲
松村 憲

4/29(土)に開催した「“リーダーシップ“を再定義する:対立する集団にどのように向き合うか?」のアーカイブ動画です。本イベントでは、『対立の炎にとどまる』の訳者・松村憲さんをゲストにお迎えし、安斎・舘野が『パラドックス思考』の観点を中心に、これからの時代に求められる新たなリーダーシップのあり方について探究しました。

チャットログはこちら

「“リーダーシップ“を再定義する:対立する集団にどのように向き合うか?」のチャプター

13:23 チェックイン:あなたの周囲で”リーダーシップが高い”と感じる人は、どんな人?特徴、共通点は?
17:41 リーダーシップ論の導入
21:49 話題提供(1):書籍紹介『対立の炎にとどまる』
33:03 対立の炎にとどまるとは
40:52 書籍のご紹介
48:23 「対立の炎にとどまる」ミンデルのデモ動画
57:29 ディカッション(1)
01:05:33 話題提供(2):『対立の炎にとどまる』と『パラドックス思考』の共通点を探る
01:15:19 ディスカッション(2)

「“リーダーシップ“を再定義する:対立する集団にどのように向き合うか?」のポイント

  • 今回のイベントでは、3月に出版した「パラドックス思考」と、アーノルドミンデルの翻訳書「対立の炎にとどまる」の2つを題材にし、掛け合わせながらリーダーシップを再定義するところに迫っていった。
  • パラドックス思考は、問題の背後にある感情パラドックス(矛盾)に着目し、ビジネスや人生の”無理ゲー”課題に新たな解決策をもたらす考え方である。MIMIGURIが掲げるCCMは創造性を組織レベルで発揮していくことを目指しているが、個人の衝動に加えてトップの意向、株主その他ステークホルダーや多角化した各事業の状況をバランス取ることは困難である。特に調整役となりがちなミドルマネジメント層は、自分の心の矛盾を受け入れ感情に向き合うことを出発点にしたリーダーシップが必要との思いから「パラドックス思考」の本が生まれたと安斎は語る。
  • 本イベントのゲストである松村が翻訳した書籍『対立の炎にとどまる──自他のあらゆる側面と向き合い、未来を共に変えるエルダーシップ(原題: Sitting in the fire )』においては、対立をすぐに解決しようとせずに、対立を通じて何が生み出されようとしてるのか、対立が生む意味に思いを巡らせる考え方をすると松村は語る。
  • 「エルダーシップ」を提唱しているのは、プロセスワークの創始者アーノルド・ミンデルである。ミンデルは、ユング派の深層心理学者であるが東洋思想、特に老荘思想に影響を受けており、​「起きてくることに意味があるので委ねてみる」との考え方をすると松村は語る。
  • プロセスワークは変化の心理学とも呼ばれ、人も組織も社会も問題を通過しつつ矛盾を経験しつつも学び変化していくものだと捉える考え方だと松村は語る。慣れ親しんだアイデンティティは一次プロセス、未知のアイデンティティは二次プロセスと呼ばれ、その間にある変化していく際の壁はエッジと呼ばれる。
  • 深層心理学モデルにおいては対立は深層において両極性が際立つと指摘する。「対立の炎にとどまる」においては、対立は自然(タオ|道)の一部であり対立の先に開けるまだ見ぬ可能性があるという前提で対立に向き合い、少しずつ両極を超えていったり包含していくことがエルダーだと述べた。
  • 舘野は、『対立の炎にとどまる』と『パラドックス思考』の共通点として3つ上げた。まず両者が個人の「内面の葛藤」に着目していることをあげ、自らの傷を癒やすことが他者を理解する鍵になり組織の問題の解決に繋がっていくと指摘した。続いて、答えを急がずに「とどまる」こと、いきなり問題解決をせず感情のうごめきにとどまることを共通点としてあげた。加えて、「矛盾するメッセージ」を契機としていると語り、例えば「打ち負かしたいけど、つながりたい」を二者択一にせず、そこにある種の変革や何かの契機を見ることを両者大切にしていると指摘した。
  • また、新しいリーダーシップ論に向けては「人間はめんどくさいけど、愛らしい」前提でのマネジメントや、全員が「パワー(ランク)」を理解し適切に向き合うこと、矛盾をぬるっと共存させることが大事ではないかと舘野は語った。
  • 松村は矛盾をぬるっと共存させることに注目し、日本らしさとか東洋らしさみたいなことを1つ切り口に考えていくと面白いのではないかと語る。安斎は、日本人の空気を読む力、調和の上手さ、文脈をずらしていい感じにする力といった良い面と、一方でランクの抑圧を受けたり匿名の力で逆に燃やしたがってしまう悪い面を理解した上で、感情の矛盾や声なき声に向き合える東洋型/日本型リーダーシップを探究する余地があるのではないかと締め括った。

「“リーダーシップ“を再定義する:対立する集団にどのように向き合うか?」の関連コンテンツ

動画

組織の「矛盾」を手懐けるリーダーシップの最新知見

組織の「矛盾」を手懐けるリーダーシップの最新知見

「リーダーシップ教育の最前線」を俯瞰する

「リーダーシップ教育の最前線」を俯瞰する

記事

管理職の”言行不一致”はなぜ起きる?:経営の転換期に起きるダブルバインドの落とし穴

管理職の”言行不一致”はなぜ起きる?:経営の転換期に起きるダブルバインドの落とし穴

ファシリテーターはなぜ「対話」を重視するのか:社会構成主義入門

ファシリテーターはなぜ「対話」を重視するのか:社会構成主義入門

対話が生み出す「創造性」の捉え方:連載「創造的対話入門」第1回

対話が生み出す「創造性」の捉え方:連載「創造的対話入門」第1回

出演者

安斎 勇樹
安斎 勇樹

株式会社MIMIGURI 代表取締役Co-CEO

東京大学大学院 情報学環 客員研究員

1985年生まれ。東京都出身。私立武蔵高校、東京大学工学部卒業、東京大学大学院学際情報学府博士課程修了。博士(学際情報学)。株式会社MIMIGURI 代表取締役Co-CEO/東京大学 特任助教授。

企業経営と研究活動を往復しながら、人と組織の可能性を活かした新しい経営・マネジメント論を探究している。主な著書に『問いのデザイン』、『問いかけの作法』、『パラドックス思考』、『リサーチ・ドリブン・イノベーション』、『ワークショップデザイン論』『チームレジリエンス』などがある。

https://x.com/YukiAnzai
https://note.com/yuki_anzai
https://voicy.jp/channel/4331
http://yukianzai.com/

舘野 泰一
舘野 泰一

1983年生まれ。青山学院大学文学部教育学科卒業。東京大学大学院学際情報学府博士課程単位取得退学後、東京大学大学総合教育研究センター特任研究員、立教大学経営学部助教を経て、現職。博士(学際情報学)。専門はリーダーシップ教育。近著に『パラドックス思考 ─ 矛盾に満ちた世界で最適な問題解決をはかる』『これからのリーダーシップ 基本・最新理論から実践事例まで(共著)』(日本能率協会マネジメントセンター)など。

松村 憲
松村 憲

株式会社BLUE JIGEN 代表取締役, バランスト・グロース・コンサルティング株式会社 取締役