デザインに“リフレクション”が必要な理由とは|CULTIBASE Radio|Design #19

デザインに“リフレクション”が必要な理由とは|CULTIBASE Radio|Design #19

2022.10.25/21

CULTIBASE Radio
CULTIBASE Radio
CULTIBASE Radio

「デザインに“リフレクション”が必要な理由とは」の概要

CULTIBASE Radioは、人やチームの創造性を高める知見を音声でお届けします。 CULTIBASE Radioデザインの19回目では、株式会社MIMIGURIのExperience Designer / Reflection Researcherである瀧知惠美と、同社のDesign Strategist / Researcherである小田裕和が、「デザインに“リフレクション”が必要な理由とは」をテーマにディスカッションしました。

  • 先日開催されたCULTIBASE Labのライブイベント「リフレクション概論」で講師を務めた瀧。現在リフレクションリサーチャーとしての肩書も持つ瀧は、イベントを通して、「(リフレクションとは)反省会ではなく見直しである」という点と、「過去のことを振り返りながらも、今ここで何を感じているのかを共有し、未来への志向性を持つこと」の2点が改めて重要だと感じたと述べる。
  • この視点を受けて、リフレクションはある意味創造的な行為なのだと語る小田。創造性を発揮するような実践には、リフレクションを繰り返しながら活動に臨む「省察的実践者」としての姿勢が求められるのではないか。
  • 瀧が「リフレクション」や「省察的実践」などの概念に出会ったのは社会人を経て大学院に通った時代のこと。大学院に入ってから、それまで社会人として実務の中で行っていたことが、「省察的実践」に関連していると気づいたのだと話す(こうした経緯は瀧自身によるnote記事にもまとめられている)。
  • 瀧が大学院に進んだきっかけは、それまでデザイナーとして働くうちに、行為としてのデザインの言語化に関心があったからだという。その後、より焦点を絞るかたちで、リフレクションや省察的実践に関心を持った。また、さらに遡れば、学部時代にも、自分たちの生活や取り組んでいる活動を見つめ直し、デザインとの関連に思いを巡らせるという活動に取り組んでいたこともルーツの一つだと述懐する。
  • 自身がデザインに臨む際の心構えとして、まずは自分がデザインする対象を使ってみて、そこで得た身体的な感覚を省察的に見つめ直し、活かしていく姿勢を大事にしていると瀧は語る。デザインする上では、身近な生活を見つめ直し、対象だけではなく対象と自分との関係性もメタ的に捉えることが重要であり、そのプロセスについて小田は、「デザインするプロセスをデザインする」感覚を当事者として持つことが、デザインという創造的行為にリフレクションを取り入れる意義なのではないかと語る。
  • アウトプットとしてのデザインだけに注力するのではなく、その前に行なわれるリサーチやコンセプト生成などのプロセスから関わり、自分自身をどう活かしていくかを考える。その自分自身に対するリサーチとして、リフレクションを活用することが可能なのではないかと小田は提案する。

CULTIBASE Radioは、SpotifyApple podcastYouTubeなどでも配信中!最新情報を見逃さないよう、ぜひお好きなメディアをフォロー/チャンネル登録してみてください!

「デザインに“リフレクション”が必要な理由とは」の関連コンテンツ 

今回の内容と関連するイベントのアーカイブ動画は下記にて公開中です。CULTIBASE Lab会員限定となりますが、現在10日間の無料キャンペーンも実施中です。このコンテンツだけ視聴して退会する形でも大丈夫ですので、関心のある方はぜひこの機会に入会をご検討ください。

パッケージ

テーマごとにコンテンツを厳選してまとめました。

もっと見る

Lab(個人)プランなら全てのコンテンツが見放題

cultibaseLab
月額 ¥2,980

10日間の無料キャンペーン中

Mail Magazine
メルマガ登録

メルマガ登録をしていただくと、記事やイベントなどの最新情報をお届けいたします。

メルマガ登録