チームの「見えない感情」をいかに観察し、共有するか

全ての動画をご覧いただくには、
CULTIBASE Lab会員登録が必要です。

チームの「見えない感情」をいかに観察し、共有するか

2022.02.14/102

2/12(土)に開催された『チームの「見えない感情」をいかに観察し、共有するか』のアーカイブ動画です。

イベント概要

トップダウン一辺倒の組織から脱却し、チームメンバーのポテンシャルを発揮させるためには、チームにおいて目に見えない関係性や、個々人の心理状態を丁寧に観察することが重要です。
特に論理的な思考には現れにくいチームメンバーの「感情」に目を向け、お互いに分かち合うことは、リモート環境においては特に課題となっています。

今回のイベントでは、ゲストに中村真広さん(株式会社ツクルバ共同創業者/株式会社KOU代表取締役)をお招きして、チームの「見えない感情」を観察・共有するための糸口を探ります。
中村さんは著書『自分とつながる。チームとつながる。』においてチームが感情でつながる働き方を提案されているほか、組織において感情を起点に対話を促進するオンラインツール「emochan」の開発を手掛けています。

新刊『問いかけの作法』で論じたチームを「見立てる」ための観察眼を下敷きにしながらも、自分自身の感情に向き合うプロセスも含め、より発展的な実践知を探究していきます。ぜひお気軽にご参加ください。

ゲスト

中村 真広
株式会社ツクルバ 取締役・共同創業者 / 株式会社KOU 代表取締役
1984年生まれ。東京工業大学大学院建築学専攻修了。不動産ディベロッパー、ミュージアムデザイン事務所、環境系NPOを経て、2011年8月に株式会社ツクルバを共同創業、代表取締役就任。2019年東証マザーズに上場。2021年8月より取締役。また、株式会社KOUの創業に参画し、2019年からは同社代表取締役。世の中の会社をもっと幸せな居場所にするべく、組織の対話の促進ツール「emochan」を展開中。会社、事業、個人的な活動も含めて、「それぞれが自分の人生を肯定できる世界」の実現を目指している。著書に「自分とつながる。チームとつながる。: エモーショナルなつながりがつくる幸せな働き方」(アキラ出版/2020)「場のデザインを仕事にする」(学芸出版社/2017)他

パッケージ

テーマごとにコンテンツを厳選してまとめました。

もっと見る