『ワークショップ実践者のファシリテーションにおける困難さの認識』

2021.04.27/12

CULTIBASE編集部

CULTIBASE編集部

今回は、ミミクリデザイン代表の安斎とリサーチャーの青木翔子を中心に、一昨年より研究がスタートし、今年1月に日本教育工学会論文誌に採択された学術論文「ワークショップ実践者のファシリテーションにおける困難さの認識」を選書しました。

▼こちらのURLから全文がダウンロードできます。
jstage.jst.go.jp/article/jjet/42/3/42_42073/_article/-char/ja/

こちらの動画では、青木と、同じく、リサーチャーとしてファシリテーターの熟達と認知について研究をしている松尾奈奈が、論文の概要や、研究過程、明らかになった事実について、わかりやすく解説しています。

パッケージ

テーマごとにコンテンツを厳選してまとめました。

もっと見る