【リニューアル記念LIVE】新たに始まる “番組シリーズ” とは?今後のCULTIBASEはここが変わる!

2023.06.09/78

CULTIBASE Labのイベント・動画配信形式のリニューアルに伴い「リニューアル記念LIVE」を開催します!

CULTIBASE Labでは5月より試験的に、執筆中の書籍の内容をもとに議論する「公開出版会議」や、「注目概念の理論解説」を行なうイベントなどを開催してきました。

6月からは「番組シリーズ」の枠組みを設け、上記のようなシリーズに加え、さまざまな番組をお届けします。

今回のリニューアル記念LIVEでは、株式会社MIMIGURI 代表取締役Co-CEOの安斎勇樹と、同社リサーチャーの東南裕美が登壇します。
変更になる部分のお知らせや、各番組シリーズのご紹介をし、CULTIBASE Labや番組の今後について皆さんと一緒に考える時間を設ける予定です。

ぜひ、お気軽にご参加ください!

 

▼変更点については、こちらでもお知らせしています。

 

登壇者

安斎勇樹(株式会社MIMIGURI 代表取締役Co-CEO)

1985年生まれ。東京都出身。東京大学工学部卒業、東京大学大学院学際情報学府博士課程修了。博士(学際情報学)。研究と実践を架橋させながら、人と組織の創造性を高めるファシリテーションの方法論について研究している。組織イノベーションの知を耕すウェブメディア「CULTIBASE」編集長を務める。主な著書に『問いかけの作法 -チームの魅力と才能を引き出す技術』『問いのデザイン – 創造的対話のファシリテーション』『リサーチ・ドリブン・イノベーション-「問い」を起点にアイデアを探究する』『ワークショップデザイン論 -創ることで学ぶ』がある。

 

東南 裕美(株式会社MIMIGURI リサーチャー)

立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科博士前期課程修了。立教大学大学院経営学研究科博士後期課程在籍。人と組織の学習・変容に興味を持ち、組織開発が集団の創造性発揮をもたらすプロセスについて研究を行っている。MIMIGURIでは、研究機関部門の一員として、組織開発に関する基礎研究とコンテンツ開発を行う。共著に『M&A後の組織・職場づくり入門:「人と組織」にフォーカスした企業合併をいかに進めるか』がある。

パッケージ

テーマごとにコンテンツを厳選してまとめました。

もっと見る