アナロジー思考

/

約21分

事業をつくる

#アイディア
#ファシリテーション論
安斎 勇樹
安斎 勇樹

今回は新しいアイデアを生み出す場面やワークショップの企画時、アイデア発想のファシリテーション等で活用可能な「アナロジー思考」について解説しています。

■チャプター
00:41 アナロジー思考が使える場面
01:37 アナロジー思考とは
02:07 似ている/類似しているとはどういうことか?
04:16 意味の類似と仕様の類似
06:43 アナロジーの2つの活用法(理解のためのアナロジー/創造のためのアナロジー)
12:48 例題)アナロジーを使って新しい母の日のギフトを考える
18:38 グループでのアナロジーの利用が効果的である

出演者

安斎 勇樹
安斎 勇樹

株式会社MIMIGURI 代表取締役Co-CEO

東京大学大学院 情報学環 客員研究員

1985年生まれ。東京都出身。私立武蔵高校、東京大学工学部卒業、東京大学大学院学際情報学府博士課程修了。博士(学際情報学)。株式会社MIMIGURI 代表取締役Co-CEO/東京大学 特任助教授。

企業経営と研究活動を往復しながら、人と組織の可能性を活かした新しい経営・マネジメント論を探究している。主な著書に『問いのデザイン』、『問いかけの作法』、『パラドックス思考』、『リサーチ・ドリブン・イノベーション』、『ワークショップデザイン論』『チームレジリエンス』などがある。

https://x.com/YukiAnzai
https://note.com/yuki_anzai
https://voicy.jp/channel/4331
http://yukianzai.com/