アナロジカル・ジグソーメソッド

/

約15分

スキルの探究

#ワークショップ
#学習環境デザイン
安斎 勇樹
安斎 勇樹

今回の動画では、前回解説した「ジグソーメソッド」の発展形である「アナロジカル・ジグソーメソッド」の手法について講義を行いました。アナロジカル・ジグソーメソッドは商品開発など、発想力の促し方が鍵となる実践の場などで有効だとされています。

00:10 イントロダクション:前回のふりかえり
02:04 創発を引き起こす手法:「アナロジー」と「ジグソーメソッド」
04:26 失敗事例①:「アナロジー」だけを創発に用いたケース
07:30 失敗事例②:「ジグソーメソッド」だけを創発に用いたケース
10:10 アナロジカル・ジグソーメソッドの開発と効果
13:45 アナロジカル・ジグソーメソッドが創発を促す理由
14:44 アナロジカル・ジグソーメソッドを効果的に活用する

出演者

安斎 勇樹
安斎 勇樹

株式会社MIMIGURI 代表取締役Co-CEO

東京大学大学院 情報学環 特任助教

1985年生まれ。東京都出身。私立武蔵高校、東京大学工学部卒業、東京大学大学院学際情報学府博士課程修了。博士(学際情報学)。株式会社MIMIGURI 代表取締役Co-CEO/東京大学 特任助教授。

企業経営と研究活動を往復しながら、人と組織の可能性を活かした新しい経営・マネジメント論を探究している。主な著書に『問いのデザイン:創造的対話のファシリテーション』、『問いかけの作法:チームの魅力と才能を引き出す技術』、『パラドックス思考 ─ 矛盾に満ちた世界で最適な問題解決をはかる』、『リサーチ・ドリブン・イノベーション』、『ワークショップデザイン論』などがある。

https://twitter.com/YukiAnzai

http://yukianzai.com/