300-1000名規模のベンチャー企業の組織開発の勘所|CULTIBASE Radio|Management #97
300-1000名規模のベンチャー企業の組織開発の勘所|CULTIBASE Radio|Management #97
/約19分
Apple PodcastsSpotifyYouTube

CULTIBASE Radioは、人やチームの創造性を高める知見を音声でお届けします。 CULTIBASE Radio マネジメントの97回目では、CULTIBASE編集長であり株式会社MIMIGURI 代表取締役Co-CEOの安斎勇樹と、同じく株式会社MIMIGURI 代表取締役Co-CEOのミナベトモミが、「300-1000名規模のベンチャー企業の組織開発の勘所」をテーマにディスカッションしました。

  • 大企業のみならず、スタートアップやベンチャーでも、組織開発に力を入れる企業が増えてきている。ただし、組織規模の変化に応じて、組織開発のアプローチも変えていく必要があるとミナベは言う。例えば、数十人規模であれば、ミッション・ビジョン・バリュー・カルチャー・クレドを明確に言語化し、全員に熱量を伝播させることで組織開発を成功させる組織も多い。
  • しかし、300-1000名規模となると事情が異なってくる。まず第一に、人数規模の増大により、全員が一同に介する場を設けることが難しくなる。
  • さらにミナベは、組織規模の増大に伴い、組織開発の中で向き合う「わからなさ」の種類が変わってくると指摘する。数十人規模の組織であれば、マイルストンのタイムラインは数ヶ月や1年程度の短期間である場合が多い。そのため、「結果を出せるかわからないが、とにかくやりきる」ことが求められる。しかし、300-1000名規模となると、マイルストンのタイムラインも5年後や10年後を見据えなければならなくなる。その結果、「未来は曖昧でわからなさを多々抱えながらも、着実に前進していく」ことが求められるようになる。
  • さらに大企業の場合はどうなのだろうか。安斎は、大企業の組織開発では、まずは固まった課題をほぐし、熱量を伝播できる状態をつくることが重要だと言う。また、大企業であればマネージャーが数千人いるため、マネージャー同士の結束を固め、団結力を生みだしていくことは難しい。
  • それに対して、300-1000名規模のベンチャー精神の強い企業であれば、マネージャーは人数が多すぎるわけでもなく、また、熟達の度合いも多様である。そうした状況下では、マネージャー同士が悩みを共有しやすく、横の繋がりが強固になる。
  • 一方でただ横並びに繋がるだけでは、組織に大きな変化を生むことは難しいと安斎は指摘する。そこで重要になるのが、熱量を生むストーリーを語れる「ストーリーテラー」の存在である。
  • 数十人規模の組織であれば、CEOやCxOがその役割を担うことができるが、300-1000名規模になると、マネージャーにもストーリーの語り部であることが求められる。
  • そうした点から、300-1000名規模の組織は、組織規模の拡大を見据えた上で、数十人規模の組織のうちから、CEOやCxOが語るストーリーを、自分なりの言葉で語りなおせるマネージャーやリーダーを育てておく必要があるのではないかと安斎は提案する。

CULTIBASE Radioは、SpotifyApple podcastYouTubeなどでも配信中!最新情報を見逃さないよう、ぜひお好きなメディアをフォロー/チャンネル登録してみてください!

関連コンテンツ

今回の内容と関連するイベントのアーカイブ動画は下記にて公開中です。CULTIBASE Lab会員限定となりますが、現在10日間の無料キャンペーンも実施中です。このコンテンツだけ視聴して退会する形でも大丈夫ですので、関心のある方はぜひこの機会に入会をご検討ください。

現代組織におけるマネジメントの役割を捉え直す:マネージャーが向き合う4つの命題が生む矛盾とは?

現代組織におけるマネジメントの役割を捉え直す:マネージャーが向き合う4つの命題が生む矛盾とは?

また、上記のイベントに続き、6/11(土)10時には「課長」レベルのマネジメントの在り方についてミナベが解説する講座を開催します。関心のある方はぜひご参加ください(終了後はCULTIBASE Lab内でアーカイブ動画が視聴可能です)

「課長の教科書」を書き換える:新たなパラダイムで現場マネジメントはどうなる?

「課長の教科書」を書き換える:新たなパラダイムで現場マネジメントはどうなる?

出演者

ミナベ トモミ
ミナベ トモミ

株式会社MIMIGURI 代表取締役Co-CEO

早稲田大学第一文学部 ロシア語ロシア文化専修卒。広告ディレクター&デザイナー、家電メーカーPM&GUIデザイナーを経て、デザインファーム株式会社DONGURIを創業。その後に株式会社ミミクリデザインと経営統合し、株式会社MIMIGURI 代表取締役Co-CEOに就任。デザインキャリアを土台にしながら、組織/経営コンサルティング領域を専門とし、主にTech系メガ/ミドルベンチャーの構造設計・制度開発を手がける。特に人数規模500名超えのフェーズにおける、経営執行分離・マトリックス型の構造設計と、それらを駆動させるHR制度運用を用いた、経営アジリティを高める方法論が得意。

安斎 勇樹
安斎 勇樹

株式会社MIMIGURI 代表取締役Co-CEO

東京大学大学院 情報学環 特任助教

1985年生まれ。東京都出身。私立武蔵高校、東京大学工学部卒業、東京大学大学院学際情報学府博士課程修了。博士(学際情報学)。株式会社MIMIGURI 代表取締役Co-CEO/東京大学 特任助教授。

企業経営と研究活動を往復しながら、人と組織の可能性を活かした新しい経営・マネジメント論を探究している。主な著書に『問いのデザイン:創造的対話のファシリテーション』、『問いかけの作法:チームの魅力と才能を引き出す技術』、『パラドックス思考 ─ 矛盾に満ちた世界で最適な問題解決をはかる』、『リサーチ・ドリブン・イノベーション』、『ワークショップデザイン論』などがある。

https://twitter.com/YukiAnzai

http://yukianzai.com/

組織をつくる

#組織開発
#ミドルマネジメント
ミナベ トモミ
ミナベ トモミ
安斎 勇樹
安斎 勇樹