“組織デザイン”と”ファシリテーション“を体系的に習得する|CULTIBASE Radio|Management #115
“組織デザイン”と”ファシリテーション“を体系的に習得する|CULTIBASE Radio|Management #115
/約31分
Apple PodcastsSpotifyYouTube

「“組織デザイン“と”ファシリテーション“を体系的に習得する」の概要

CULTIBASE Radioは、人やチームの創造性を高める知見を音声でお届けします。CULTIBASE Radio マネジメントの115回目では、CULTIBASE編集長であり株式会社MIMIGURI 代表取締役Co-CEOの安斎勇樹と、同じく株式会社MIMIGURI 代表取締役Co-CEOのミナベトモミが、「“組織デザイン“と”ファシリテーション“を体系的に習得する」をテーマにディスカッションしました。

  • 数年の構想を経て、新たな学びの場「CULTIBASE School」が来月12月に開校する。学術的知見を生み出し続ける社内研究機関と、クライアントとの協働の中で実践知を編み続けるコンサルティング機関による双方の知を基盤とした教育機関の実現に向けて、大きな一歩を踏み出したかたちとなった。
  • コロナ禍により、想定外のフルリモートの実践となったCULTIBASE School。今回開校に至った背景には、運営母体であるMIMIGURIが、フルリモート企業ならではの対話や文化醸成、関係性構築のナレッジの積み上げを続けてきたことが大きいとミナベは語る。それらのナレッジを活用することで、全国から受講が可能な学びの場へとアップデートすることが可能となった。
  • また安斎は、アカデミックとビジネス現場の知的接続といった、現行の大学がどうしてもリーチしきれていない領域を補い、研究機関の最先端の学びを現場に活かすための教育機関に育て上げていきたいのだと、展望を語る。
  • 現在募集中のコースは
    (1)組織デザインコース
    (2)ファシリテーション型マネジメントコース
    (3)ファシリテーション入門・問いかけの作法[1dayコース]
    の3種類。
  • 組織デザインコース」は構造設計など組織の目に見えるハードの部分のデザイン論を主に扱う。特に、中長期的に組織を成長させていくためには学習による人的資本の積み重ねや、構造設計による意思決定の効率化が不可欠であるという考えに基づき、組織変革を行うにあたって、経営のフレームワークや市場分析だけでは不足感を感じている人にオススメの講座だとミナベ。
  • ファシリテーション型マネジメントコース」は、メンバー間の関係性の質の改善など、目に見えない領域を扱うことを主な特徴としている。安斎が過去に実施してきた研修の内容をベースに、6日間のプログラムを構成。大企業の中間管理職やチームリーダー、ベンチャー企業のミドル層になったばかりの方など、幅広い管理者がチームに対して対話や学習を促していけるようになるためのファシリテーション・ナレッジを、理論と実践の往復を通じて解説する。
  • ミナベは、昨今のスタートアップ界隈の風潮として、集団で学びを促進する傾向が強まっていることを指摘する。その背景には、試行錯誤的に物事を推進するこれらの領域において、チームとして学習速度をいかに早めていくかが焦点となりやすいことが挙げられる。そして何より、そのチームでの学習を深めるための大きな要因として「対話」の存在が重要視されるようになってきているのだと言う。集団で学びを深める対話のあり方を学ぶという意味でも、CULTIBASE Schoolは良質な学びの場になるだろうとミナベは語る。
  • 他方で、大企業のエグゼクティブ層にとっても、対話による学習促進の術を身につけることは重要である。未来を見据えて組織の求心力を高めていくには、目標達成を着実に行いながらも、メンバーと向き合い、チームをエンパワメントしながら、学習を促していく姿勢が求められるからだ。
  • 「技術や知識を学ぶ」という側面ももちろん大切にしながら、受講者自身がまずは体験的にそのような学習の姿勢を学び取ってることができる点が、CULTIBASE Schoolの特徴だと安斎・ミナベは話す。
  • メインとなる「組織デザインコース」と「ファシリテーション型マネジメントコース」のほか、比較的安価で参加しやすい1dayコース(ファシリテーション入門・問いかけの作法[1dayコース])もある。メインの講座の検討材料として、まずはこちらにご参加いただくのもオススメである。

CULTIBASE Radioは、SpotifyApple podcastYouTubeなどでも配信中!最新情報を見逃さないよう、ぜひお好きなメディアをフォロー/チャンネル登録してみてください!

CULTIBASE Schoolの詳細・お申し込みはこちら。第1期の申込締切は【11/15(火)】まで。

https://school.cultibase.jp/

説明会のアーカイブ配信や、オンライン個別相談(11/11まで)も実施中。どちらも無料でご利用いただけます。少しでも関心のある方は、まずはそちらをご活用いただくのもオススメです。たくさんのお申し込み、お待ちしております!

出演者

安斎 勇樹
安斎 勇樹

株式会社MIMIGURI 代表取締役Co-CEO

東京大学大学院 情報学環 客員研究員

1985年生まれ。東京都出身。私立武蔵高校、東京大学工学部卒業、東京大学大学院学際情報学府博士課程修了。博士(学際情報学)。株式会社MIMIGURI 代表取締役Co-CEO/東京大学 特任助教授。

企業経営と研究活動を往復しながら、人と組織の可能性を活かした新しい経営・マネジメント論を探究している。主な著書に『問いのデザイン』、『問いかけの作法』、『パラドックス思考』、『リサーチ・ドリブン・イノベーション』、『ワークショップデザイン論』『チームレジリエンス』などがある。

https://x.com/YukiAnzai
https://note.com/yuki_anzai
https://voicy.jp/channel/4331
http://yukianzai.com/

ミナベ トモミ
ミナベ トモミ

株式会社MIMIGURI 代表取締役Co-CEO

早稲田大学卒業後、家電メーカー勤務を経て独立。現在は、MIMIGURIが提唱するCCM(Creative Cultivation Model)の理論開発を基盤に、大企業からメガベンチャーまで様々な多角化企業における、経営・組織変革の専門家として自社経営とコンサルティングにおいて実践を進めている。
https://x.com/tomomiminabe
https://note.com/tomomina/

組織をつくる

#組織デザイン
#ファシリテーション
安斎 勇樹
安斎 勇樹
ミナベ トモミ
ミナベ トモミ