『リーダーシップ教育のフロンティア』 part1: 一人ひとりがリーダーシップを育むために何ができるか

/

約19分

スキルの探究

#リーダーシップ
安斎 勇樹
安斎 勇樹
舘野 泰一
舘野 泰一

今回は書籍『リーダーシップ教育のフロンティア【実践編】【研究編】』をご紹介します。著者の1人である立教大学経営学部助教・舘野泰一さんご本人にお話を伺いながら、「組織ぐるみで発揮されるリーダーシップ」や「リーダーシップとファシリテーション(ワークショップデザイン )の類似点」などの話題を中心にお話を伺っています。

PART2はこちら

『リーダーシップ教育のフロンティア』 part2:  リーダーシップ教育の三層モデルとその活用法

『リーダーシップ教育のフロンティア』 part2: リーダーシップ教育の三層モデルとその活用法

PART3はこちら

『リーダーシップ教育のフロンティア』 part3:  リーダーシップとファシリテーションの差異性をいかに捉えるか

『リーダーシップ教育のフロンティア』 part3: リーダーシップとファシリテーションの差異性をいかに捉えるか

■動画の概要
0015 イントロダクション・自己紹介
01:58 本の概要:「フロンティア(最前線)」という言葉に込められた思い
05:13 本のなかで描かれる3つの専門性:「リーダーシップ」「トランジション」「教育実践」
07:15 従来のリーダーシップ論とリーダーシップ教育論は何が違うのか
10:52 「プログラム」と「組織」の二つの観点からリーダーシップ教育をデザインする
14:34 リーダーシップ/ファシリテーションにおいてなぜ自己理解が重要か

■今回の書籍
リーダーシップ教育のフロンティア【実践編】: 高校生・大学生・社会人を成長させる「全員発揮のリーダーシップ」
中原 淳 (著, 監修), 高橋 俊之 (著, 編集), 舘野 泰一 (著, 編集)
出版社:北大路書房
amzn.asia/d/fwTt02l

リーダーシップ教育のフロンティア【研究編】: 高校生・大学生・社会人を成長させる「全員発揮のリーダーシップ」
中原 淳 (著, 監修), 高橋 俊之 (著, 編集), 舘野 泰一 (著, 編集)
出版社:北大路書房
amzn.asia/d/fL3YLmD

出演者

安斎 勇樹
安斎 勇樹

株式会社MIMIGURI 代表取締役Co-CEO

東京大学大学院 情報学環 客員研究員

1985年生まれ。東京都出身。私立武蔵高校、東京大学工学部卒業、東京大学大学院学際情報学府博士課程修了。博士(学際情報学)。株式会社MIMIGURI 代表取締役Co-CEO/東京大学 特任助教授。

企業経営と研究活動を往復しながら、人と組織の可能性を活かした新しい経営・マネジメント論を探究している。主な著書に『問いのデザイン』、『問いかけの作法』、『パラドックス思考』、『リサーチ・ドリブン・イノベーション』、『ワークショップデザイン論』『チームレジリエンス』などがある。

https://x.com/YukiAnzai
https://note.com/yuki_anzai
https://voicy.jp/channel/4331
http://yukianzai.com/

舘野 泰一
舘野 泰一

1983年生まれ。青山学院大学文学部教育学科卒業。東京大学大学院学際情報学府博士課程単位取得退学後、東京大学大学総合教育研究センター特任研究員、立教大学経営学部助教を経て、現職。博士(学際情報学)。専門はリーダーシップ教育。近著に『パラドックス思考 ─ 矛盾に満ちた世界で最適な問題解決をはかる』『これからのリーダーシップ 基本・最新理論から実践事例まで(共著)』(日本能率協会マネジメントセンター)など。