商品開発のためのワークショップデザイン論

全ての動画をご覧いただくには、
CULTIBASE Lab会員登録が必要です。

商品開発のためのワークショップデザイン論

2021.03.24/22

小田 裕和

小田 裕和

安斎 勇樹

安斎 勇樹

今回は安斎勇樹と小田裕和が、商品開発を目的とするワークショップの活用方法について解説しました。
はじめに、意味のイノベーションを提唱するミラノ工科大学のロベルト・ベルガンディ教授による商品開発の3つのアプローチ(技術主導・市場主導・デザイン主導)を紹介しました。続いて、それぞれのアプローチと効果的なワークショップデザインの方向性について解説し、最後に商品開発を目的とする場合におけるメタワークショップとしてプロジェクトをデザインする必要性を示しました。
ワークショップを活用して、イノベーションを生み出したい人は必聴の動画です。ぜひご覧ください。

パッケージ

テーマごとにコンテンツを厳選してまとめました。

もっと見る