オンラインの場への没入を促す「演出」の技法|CULTIBASE Radio|Facilitation #17

オンラインの場への没入を促す「演出」の技法|CULTIBASE Radio|Facilitation #17

2022.01.19/21

CULTIBASE Radio
CULTIBASE Radio
CULTIBASE Radio
田幡祐斤

田幡祐斤

淺田史音

淺田史音

CULTIBASE Radioは、人やチームの創造性を高める知見を音声でお届けします。 CULTIBASE Radio ファシリテーションの17回目では、株式会社MIMIGURIの田幡祐斤と淺田史音が、「オンラインの場への没入を促す「演出」の技法」をテーマにディスカッションしました。  

  • 前回、オンライン環境になって「事前設計をより作り込むようになった」と語った淺田。その背景には、どのような思想があるのだろうか?
  • ワークショップを対面で実践してきた頃から、淺田は「場の演出」を大切にしているという。
  • 遊び心にあふれる場ほど、最初の一歩が難しいもの。遊園地の入り口に立つキャストのように、ファシリテーターが「今日はこういう場です!」と雰囲気を演出することが大切だ。
  • 場所を変えられないために、どうしても“日常感”が残ってしまうオンライン環境でのワークショップ。Miroでトピックに適した視覚的イメージを明示することで、参加者は「どこにいても同じ世界観に没入できる」ようになる。
  • ワークショップの内容(活動)をどういうアナロジー・構造で表現できるか。Miroの視覚的な構造・色彩はそこから決まっていく。Miroは空間と活動が不可分に入り混じる、まるで建築のような場なのだ。

参考動画

こちらから、今回のRadioのパーソナリティを務めた田幡・淺田が昨年11月に登壇したイベントのアーカイブ動画をご覧いただけます。


オンライン・ワークショップ実践入門:「学習と創造の場づくり」におけるオンラインツールの可能性

パッケージ

テーマごとにコンテンツを厳選してまとめました。

もっと見る

Lab(個人)プランなら全てのコンテンツが見放題

cultibaseLab
月額 ¥2,980

10日間の無料キャンペーン中

Mail Magazine
メルマガ登録

メルマガ登録をしていただくと、記事やイベントなどの最新情報をお届けいたします。

メルマガ登録