専門性に溶け込むファシリテーションのエッセンスとは?|CULTIBASE Radio|Facilitation #20
専門性に溶け込むファシリテーションのエッセンスとは?|CULTIBASE Radio|Facilitation #20
/約25分
Apple PodcastsSpotifyYouTube

CULTIBASE Radioは、人やチームの創造性を高める知見を音声でお届けします。 CULTIBASE Radioファシリテーションの20回目では、前回に引き続き株式会社MIMIGURIの渡邉貴大が、同社の猫田耳子、栄前田勝太郎とともに、「専門性に溶け込むファシリテーションのエッセンスとは?」をテーマにディスカッションしました。

  • 前回のファシリテーションラジオの19回目では、専門性とファシリテーションの両者があるからこそ、相互に活かし合うことができるという内容を扱った。また、学習者と越境者が重要であるという話をした。
  • ファシリテーターは「あり方」や「ふるまい」である。会議の司会進行役を「ファシリテーター」だと考える意見があるが、実は熟達したファシリテーターは、場をつくり、そこにいるだけでファシリテーターだと考える。また、ファシリテーターは何かを教える存在ではなく、一歩先を行く学習者であり、みんなで一緒に学ぶ存在である。
  • クライアントワークは、クライアントの課題をヒアリングし、それに合わせてファシリテーターが計画と回答を出す仕事だと思われる傾向にある。しかし、ファシリテーターが答えを持っているわけではなく、計画も変わりうるものであることをクライアントに明確に伝えておく必要がある。アウトプットをクライアントとファシリテーターが一緒になって創りあげていくことが重要である。
  • プロセスをデザインするというとても地味で見えづらい行為をファシリテーションと呼んでいる。効率性やゴール達成だけを重視すると、ファシリテーションは必須ではない可能性もある。しかし、最終的な成果やゴールにたどり着くまでに、1人1人の想いが体現されていて、納得感のある状況を一緒に創る存在がファシリテーターである。

CULTIBASE Radioは、SpotifyApple podcastYouTubeなどでも配信中!最新情報を見逃さないよう、ぜひお好きなメディアをフォロー/チャンネル登録してみてください!

関連コンテンツ

今回の出演者が登壇したライブイベントのアーカイブ動画を「CULTIBASE Lab」で公開中です。入会には10日間の無料キャンペーンもありますので、ぜひ関心のあるタイトルからご覧ください。

ファシリテーションの鍛え方:創造的対話を支えるコアスキルの体系

ファシリテーションの鍛え方:創造的対話を支えるコアスキルの体系

個人の“らしさ”が共生する組織をいかにつくるか? -「常識を考え直すワークショップ」の事例から考える

個人の“らしさ”が共生する組織をいかにつくるか? -「常識を考え直すワークショップ」の事例から考える

“PMの暗黙知”を解き明かす:プロジェクトを推進させるファシリテーション

“PMの暗黙知”を解き明かす:プロジェクトを推進させるファシリテーション

◇ ◇ ◇

人と組織のポテンシャルを引き出す知見をさらに深く豊かに探究していきたいという方は、会員制オンラインプログラム「CULTIBASE Lab」がオススメです。CULTIBASE Labでは、組織の創造性を最大限に高めるファシリテーションとマネジメントの最新知見を学べる探究型学習コミュニティとして、会員限定の動画コンテンツに加え、CULTIBASEを中心的に扱う各領域の専門家をお招きした特別講座など、厳選した学習コンテンツをお届けします。

▼「CULTIBASE Lab」の詳細・お申し込みはこちら
https://cultibase.jp/lab

出演者

猫田 耳子
猫田 耳子

好きだなあと思うひとたちの叶えたい夢や作りたい未来への力になりたいなと思っています。そんな感じでミミグリにいます。

渡邉 貴大
渡邉 貴大

ファシリテーター

早稲田大学商学部卒業。規模/業態の異なる複数の組織において、人事やコンサルタントとして業務に従事。チェンジ・エージェントとして組織変革のファシリテーションを実践してきた。MIMIGURIでは個人と組織が自らの「story writer」となり、自分や自分たちの物語を紡ぐ機会を演出する組織・事業開発、イノベーションプロジェクトのPMとファシリテーションを担当している。

栄前田 勝太郎
栄前田 勝太郎

スキルの探究

#ファシリテーション
#ファシリテーター
猫田 耳子
猫田 耳子
渡邉 貴大
渡邉 貴大
栄前田 勝太郎
栄前田 勝太郎