対話と仕組みで組織をファシリテートするには

/

約47分

スキルの探究

#組織デザイン
#対話
#ファシリテーション
#ワークショップ
ミナベ トモミ
ミナベ トモミ

今回の動画は、2019年11月20日に開催したイベント「対話と仕組みで組織をファシリテートする ワークショップ×組織デザインの可能性を探る」の記録映像です。
今回は、ミナベトモミによる話題提供です。

組織における構造の課題を解決するのが組織デザインと語るミナベさん。しかし、構造の課題を解決するには対話を行うことも欠かせません。実際の場面では両輪で進んでいく組織デザイン(構造)と組織開発(対話)の関係性に踏み込みながら、組織デザインの内容についてじっくりと解説を行った話題提供となっております。


■チャプター
00:12 自己紹介
03:51 組織デザインとは
05:49 分業を仕組み化する
28:07 調整を仕組み化する
33:43 対話を仕組み化する
36:15 期待値調整の3要素
37:38 心理的契約とエンゲージメントの関係性

出演者

ミナベ トモミ
ミナベ トモミ

株式会社MIMIGURI 代表取締役Co-CEO

早稲田大学第一文学部 ロシア語ロシア文化専修卒。広告ディレクター&デザイナー、家電メーカーPM&GUIデザイナーを経て、デザインファーム株式会社DONGURIを創業。その後に株式会社ミミクリデザインと経営統合し、株式会社MIMIGURI 代表取締役Co-CEOに就任。デザインキャリアを土台にしながら、組織/経営コンサルティング領域を専門とし、主にTech系メガ/ミドルベンチャーの構造設計・制度開発を手がける。特に人数規模500名超えのフェーズにおける、経営執行分離・マトリックス型の構造設計と、それらを駆動させるHR制度運用を用いた、経営アジリティを高める方法論が得意。