1on1はスタバでやるべし!? 対話の柔術論の考察|CULTIBASE Radio|Management #91

1on1はスタバでやるべし!? 対話の柔術論の考察|CULTIBASE Radio|Management #91

2022.04.19/16

CULTIBASE Radio
CULTIBASE Radio
CULTIBASE Radio
安斎 勇樹

安斎 勇樹

ミナベ トモミ

ミナベ トモミ

CULTIBASE Radioは、人やチームの創造性を高める知見を音声でお届けします。 CULTIBASE Radio マネジメントの91回目では、CULTIBASE編集長であり株式会社MIMIGURI 代表取締役Co-CEOの安斎勇樹と、同じく株式会社MIMIGURI 代表取締役Co-CEOのミナベトモミが、「1on1はスタバでやるべし!? 対話の柔術論の考察」をテーマにディスカッションしました。

  • 1on1は通常、会議室やzoomを使ってクイックに行われることが多い。しかし、相手が深刻そうな悩みを抱えていそうな時などは、”スタバ”に行くなど、じっくり腰を据えて対話に臨める場所に移動することも大切である。
  • 本来1on1は、相手と良い関係性を築き、今度一緒にどんなことをやっていきたいのかを擦り合わせるための場である。”スタバに誘う”という行為は、それだけで「あなたと良い関係性を築きたい」というメッセージになる。さらに、物理的に、いつもと異なる空間でリラックスしながら対話に臨めるため、話も弾みやすい。
  • 反面、だからといって毎回スタバに行けばよいというわけではない。スタバという非日常が常習化してしまうと、効力を失ってしまう。あくまで必要な場面でのみ場の力を活用することが大切である。
  • 重要なのは、寄り添う姿勢と自律を促す姿勢のバランスをとること。いきなり足場を外すのではなく、少しずつ自律できるように、マイルストーンを設定していく。そのように成功体験の手助けを行いながら、非日常的なサポートを減らしていけるとよいだろう。
  • バランスをとるには、まず相手の状態をよく観察してみる必要がある。相手の状態に合わせて、適切なアプローチのもと健全な関係性を築いていく。そのように一人ひとりの発達に資するかどうかを考えながら、柔軟に対応することが大切である。

CULTIBASE Radioは、SpotifyApple podcastYouTubeなどでも配信中!最新情報を見逃さないよう、ぜひお好きなメディアをフォロー/チャンネル登録してみてください!

イベント開催のお知らせ

2022年4月23日(土)10:00-11:30に、Management Radioラジオのライブイベントを開催します。当日は安斎とミナベが、組織の創造性を最大限に発揮するためにマネジメントに求められているパラダイムシフトや、具体的なアプローチの方向性について議論します。

安斎・ミナベが構想中の出版企画についても、こっそりお伝えするかもしれません。また、当日テーマとする質問も募集中です!詳細は下記イベントページをご覧ください。

CULTIBASE Radio SPECIAL LIVE:マネジメントの教科書を書き換える

関連コンテンツ 

今回の内容と関連して、安斎とゲスト・モリジュンヤさん(株式会社inquire CEO)によるライブイベント「編集の技に学ぶ 他者の魅力を引き出す“フカボリ“の技術」のアーカイブ動画が公開中です。

編集の技に学ぶ 他者の魅力を引き出す“フカボリ“の技術

CULTIBASE Lab会員限定となりますが、現在10日間の無料キャンペーンも実施中です。関心のある方はぜひこの機会に入会をご検討ください。

パッケージ

テーマごとにコンテンツを厳選してまとめました。

もっと見る

Lab(個人)プランなら全てのコンテンツが見放題

cultibaseLab
月額 ¥2,980

10日間の無料キャンペーン中

Mail Magazine
メルマガ登録

メルマガ登録をしていただくと、記事やイベントなどの最新情報をお届けいたします。

メルマガ登録